ホワイトボード、ホワイトボードシートをご希望のサイズや仕様に1枚から製作。壁掛け、直貼りなど壁面を有効利用できます。

ホワイトボードプラザ トップページへ 壁掛け 脚付き 屋外用 ホワイトボードシート
黒板 看板サイン 付属品 付属品
 売れ筋ナンバー1大洋株式会社 商品についてのお問い合わせ
Tel:06-6768-0623(代)
Fax:06-6768-6336
webページwebページ

ホワイトボードプラザHOME壁に直接貼れるホワイトボードシート書き消し+ マグネットでメモ留め ≫ マグネットシート工法  (施工手順と施工上の注意)

マグネットシート工法  (施工手順と施工上の注意)

マグネットシート工法とは

下地面にうすく強力な専用マグネットシート(裏のり付)を貼り、マグネットシートの吸着力を利用して
上からホワイトボードシートを貼り合わせて仕上げる施工方法です。

マグネットシート工法で施工することによって、
今まで施工が困難だった、大きなサイズのよこ貼りや二段貼りも可能
になります。
壁面への施工詳細図 利点

ホワイトボードシートに鉄粉が混錬されているので糊付けする必要がなく、
直接貼り合わせることができます。


下地を完璧にフラットに仕上げておくことが条件になりますが、小スペースから、
壁全面のような大スペースでも楽々貼り合わせていくことが可能です。

   
    コンクリート壁、漆喰壁、ブロック、レンガ面への施工は避けてください。

施工上のメリット

  • マグネットシートの吸着力を利用して貼り合わせるので何度でも貼り直しができます
  • 現場で糊付けする手間が、無くなります
  • 両面テープやボンドで貼り合わせる場合と比べ施工時間が大幅に短縮できます
  • お客様ご自身でも施工することができます。 (Do it yourself!DIY施工が可能!)
    施工上の注意点にご留意の上、施工手順通りに施工してください。

たて貼り

よこ貼り

DIY!ご自分で貼れます

※「大サイズよこ貼り」「よこ貼り二段貼り」は、
DIY施工が難しいので業者に依頼してください。

 

品番、原反サイズ

マグネットシート工法専用!  薄くて強力な専用マグネットシート(裏のり付) 品番MG-51

サイズ
厚みx巾(最長20m巻)
販売価格(税抜)
反値 1巻/20m
販売価格(税抜)
切り値 19円/1cm
0.4mm厚 x 510mm巾 35,000円

1m以上で販売
1,900円/m

※1cm(最低販売寸法1m以上から)単位での販売しています。

 大きな面への貼り合わせはマグネットシート工法で

ココがポイント
専用マグネットシートとホワイトボードシートを同じサイズで貼り合せるのは難しい為、
専用マグネットシートは、
一回り大きいサイズ(左右上下各10ミリ)をたて貼りで貼ってください

この上にホワイトボードシートを貼ると大きめに貼った下地が見えるので、付属のホワイトボードテープ(白色)を周囲に貼って仕上げます。

▼マグネットシート工法専用マグネットシート / うらのり付 (1巻/20m) 


▼マグネットシート工法専用マグネットシート / うらのり付 1cm切 1mから  (1枚/1m~3m)

FEF-3フレックスシートなど(920mm巾)の場合にも対応!92cmのご購入が可能になりました。
必要寸法のドロップダウン最下部で (fef-3など巾92cm対応) 92 がご選択できます。


お問い合わせ・資料請求はこちら

お見積もり

注文書ダウンロード

■MG-51を使用するマグネットシート工法で、上手に施工できるホワイトボードシートと壁材
吸着なし(FEW)
書き消しとマグネット留(FEW)
吸着なしセット(FEW)
簡単施工セット!
映写書き消しマグネット留め(FE
映写書き消しマグネット3WAY

マグネットがつく壁材(シート)

  

マグネットシート工法で貼り合わせる時の 【施工手順】と【施工上の注意】

【たて貼り・よこ貼り共通】: 下地の不陸 (下地の凸凹) を調整する - 1

●仕上がり面に影響が出ますので、凸凹を削ったり、パテ処理をして 下地を平滑にしてください。

●下地から 釘の頭が出ている箇所は、下地面より沈めるように金づちで打ち込んでください。

●下地の継ぎ目も仕上がり面に出てしまいますのでパテ処理などで埋めてください。

ホワイトボードシートを貼る向きによって貼り方に違いがあります。
たて・よこの貼り方を選択し、本ページ内でご確認いただくか、下の DOWN LOADボタンよりプリントに便利なpdfマニュアルをダウンロードしてお使いください。

たて貼り用マニュアルpdfをダウンロード

よこ貼り用マニュアルpdfをダウンロード

【たて貼り】:
 ホワイトボードシートを貼りつける場所に位置決め線をマーキングする - 2

    【ご注意】・実際の貼り付け位置より一回り大きくマーキングしてください
      (上下左右各10ミリ程度)

    ホワイトボードシートの貼りずれを目立たなくするために必要です。
    ・寸法誤差をリカバーするためにも必要です

貼り付けたい場所にマーキングする(位置決め)

 


位置決め線にあわせてうすくて強力な専用マグネットシート(裏のり付)を貼る - 3

位置決め線似合わせて専用マグネットシートを貼る

・裏のり付の為、離けい紙をはがしながら、たて貼りで下地面と貼り合わせてください。

離けい紙  離けい紙を 1から3cm折り曲げるか切り取って
位置合わせをしていただくと貼りやすくなります。

ローラーや乾いた雑巾などで圧着し、エアーを押し出しながら貼ってください。
マグネットシートは重量があるので圧着時のエアー抜きが比較的簡単です。
万が一エアだまりが出来た時は小さな針穴を開けてエアを押し出してください。

・継ぎ目は重ならないようにすき間は出来るだけ小さくして下さい。(3ミリ程度まで)
継ぎ目のすき間が大きいと上からホワイトボードシートを貼った時に目立ってしまいます。

 


位置決め線の周囲内側にホワイトテープ(付属品)を貼る - 4 ココがポイント

 位置決め線の周囲内側にホワイトテープを貼る

・ホワイトテープ(専用マグネットシートに付属、巾15m/m 長さ650m/m)を位置決め線の周囲内側、マグネットシートの上に貼ります。

※ホワイトテープを貼る事で上からホワイトボードシートを貼り合せる際の貼りずれが目立たなくなります。又、ホワイトテープ自体上から書き消しが出来るので、文字や線がテープの上に載っても消すことが出来ます。

 


ホワイトボードシートを上から貼り合わせる - 5

2枚以上「たて貼り」される場合、ジョイントは、突き付けになります。ジョイント部のすき間が多少目立ちますのでご了承ください。

2人以上でホワイトボードシートを貼ります!

  • 位置決め線よりやや内側ホワイトテープに少し重なる感じでホワイトボードシートを
    貼り合わせてください。施工面にまっすぐ貼れるように最初の位置決めは慎重に行ってください。
  • 端からエアーを押し出すように貼っていってください。下のマグネットシートの吸着力で
    自然に貼りついていきます。
  • 2枚以上「たて貼り」される場合、2枚目のシートは1枚目のたて方向に沿うよう、できるだけすき間があかないように突き付けジョイントしてください。下地がマグネットシートの為、失敗しても貼り直しが可能です。ホワイトボードシートに折れジワや へこみキズがつかないよう慎重に取り扱いながらジョイントしてください。
    3枚目以降も同様の手順で貼り合わせてください。

  • 貼り終えた後、スキージー、ローラー、乾いた雑巾などを使って、ホワイトボードシートとマグネットシートが完全に吸着するように全面を圧着してください。 その折にホワイトボードシートのずれや落下を防止するため、ホワイトボードシートと専用マグネットシートの上部を両面テープ又は、接着剤で貼り合わせてください。
  • 出隅・入隅の施工はできませんのでご理解ください。
  • ホワイトテープでカバーできない小口廻りの仕上げは同系色のジョイントコークで仕上げてください
  • ※貼り合わせ時、巻き戻し時にホワイトボードシートに折れジワやへこみキズがつくと元に戻りませんので慎重に取り扱ってください。

    ※ホワイトボードシート、ホワイトテープは端部の硬質フィルム切り口で手を切る危険がありますので十分に注意してください。

    ※万が一材質に起因する不具合が生じた場合、またはご購入時の製品の不具合に関しては、
    材料のお取替えのみとさせていただきます。
    人件費施工費などのクレームに関しては負いかねますので、あらかじめご了承ください。

     



    【よこ貼り・大サイズよこ貼り・よこ貼り二段貼り】:
    ホワイトボードシートを貼りつける場所に水平器、垂直器を使って4角90度の位置決め線をマーキングする。- 2

    ※「大サイズよこ貼り」「よこ貼り二段貼り」は、
    DIY施工が難しいので業者に依頼してください。

      【ご注意】
      ・実際の貼り付け位置より一回り大きくマーキングしてください
      (上下左右各10ミリ程度)
      ホワイトボードシートの貼りずれを目立たなくするために必要です。
      ・寸法誤差をリカバーするためにも必要です


    貼り付けたい場所にマーキングする(位置決め)


    位置決め線にあわせてうすくて強力な専用マグネットシート(裏のり付)を貼る - 3


    位置決め線似合わせて専用マグネットシートを貼る

     ・裏のり付の為、離けい紙をはがしながら、たて貼りで下地面と貼り合わせてください。

    離けい紙  離けい紙を 1~3cm折り曲げるか切り取って
    位置合わせをしていただくと貼りやすくなります。

     ローラーや乾いた雑巾などで圧着し、エアーを押し出しながら貼ってください。
     マグネットシートは重量があるので圧着時のエアー抜きが比較的簡単です。
     万が一エアだまりが出来た時は小さな針穴を開けてエアを押し出してください。

     ・継ぎ目は重ならないようにすき間は出来るだけ小さくして下さい。(3ミリ程度まで)
     継ぎ目のすき間が大きいと上からホワイトボードシートを貼った時に目立ってしまいます。


    位置決め線の周囲内側にホワイトテープ(付属品)を貼る - 4 ココがポイント


     位置決め線の周囲内側にホワイトテープを貼る

    ・ホワイトテープ(専用マグネットシートに付属、巾15m/m 長さ650m/m)を位置決め線の周囲内側、マグネットシートの上に貼ります。

    ※ホワイトテープを貼る事で上からホワイトボードシートを貼り合せる際の貼りずれが目立たなくなります。又、ホワイトテープ自体上から書き消しが出来るので、文字や線がテープの上に載っても消すことが出来ます。


    ホワイトボードシートを上から貼り合わせる - 5

    貼り合わせ作業は、3人以上で行ってください。特に最初の「位置決め貼り」が大切です。
    「位置決め貼り」が不正確ですと、横ずれを起こして下地のマグネットシートからはみ出してしまいます。また2段に貼る際は、すき間が空きすぎたり重なったりしてしまいます。
    (画像クリックで拡大)

    3人以上でホワイトボードシートを貼ります!

      ・ 市販の定規と水平・垂直器を使って、下地の専用マグネットシート内に直角を出します。

      ・ ホワイトボードシートをロールから20~30cm程度取り出して、定規にすき間なくきっちりと合わせ、定規とホワイトボードシートの端を養生テープなどで固定します。

      この時紙管に巻いたホワイトボードシートの巻がゆるんだり、シートの自重で鉛筆状にずれたりする場合があります。
      付属の「上部はさみクリップ」で巻きもの(ロール)の上部をはさんで巻がゆるまない様にし、「ズレ落ち防止パッド」で巻きもの(ロール)の下部を支えてズレないようにしてください。

      ・ ロールから取り出した20~30cmのホワイトボードシートを貼り、シートの上下を養生テープなどで固定してください。(養生テープ等は、下地を傷めない弱粘着のものをご使用ください)

      「位置決め貼り」が完了しましたら「上部はさみクリップ」と「ズレ落ち防止パッド」を取り外して、端からエアーを押し出すように貼っていってください。
      下のマグネットシートの吸着力で自然に貼りついていきます。上部と下部のエアーを押し出す人 と シートを貼り合わせる人に分かれて作業すればきれいに貼り合わせることができます。

    2人以上でホワイトボードシートを貼ります!
    よこ貼り図

  • 多少の貼りずれによりホワイトボードシートが斜め方向にずれても周囲のホワイトテープの内側であれば、そのまま貼り続けてください。同系色の為、貼りずれが目立ちません。
  • 貼り終えた後、スキージー、ローラー、乾いた雑巾などを使って、ホワイトボードシートとマグネットシートが完全に吸着するように全面を圧着してください。 その折にホワイトボードシートのずれや落下を防止するため、ホワイトボードシートと専用マグネットシートの上部を両面テープ又は、接着剤で貼り合わせてください。
  • 「よこ貼り二段貼り」のジョイントは突き付けになります。
     ジョイント部は多少目立ちますのでご了承ください。
  • 出隅・入隅の施工はできませんのでご理解ください。
  • ホワイトテープでカバーできない小口廻りの仕上げは同系色のジョイントコークで仕上げてください
  • ※貼り合わせ時、巻き戻し時にホワイトボードシートに折れジワやへこみキズがつくと元に戻りませんので慎重に取り扱ってください。

    ※ホワイトボードシート、ホワイトテープは端部の硬質フィルム切り口で手を切る危険がありますので十分に注意してください。

    ※万が一材質に起因する不具合が生じた場合、またはご購入時の製品の不具合に関しては、
    材料のお取替えのみとさせていただきます。
    人件費施工費などのクレームに関しては負いかねますので、あらかじめご了承ください。


    施工方法
    1:マグネットシート工法
    オススメはマグネットシート工法で小さな面積から大きな面積まで楽々すいすい貼れます

    下地に専用マグネットシートを貼り、マグネットシートの 吸着力を利用して貼るので、簡単で 万が一失敗しても 貼り直しができます。
    2:ボンド施工法
    大きい面積はボンドで貼る施工法
    3:専用両面テープ施工法
    比較的小さな面積を貼る専用両面テープ

    戻る

    関連商品

    • 壁面全体をマグネットが使えるようにしたい!
    • ホワイトボードの書き消しはいらない。

    そんな場合は マグネットがつく壁材(ニューマグネットクロス)のページをご覧ください。


    マグネットがつく壁材(ニューマグネットクロス)

    ▲ページの先頭へ戻る

    Copyright Taiyo.co.,ltd., all rights reserved.