ホワイトボード、ホワイトボードシートをご希望のサイズや仕様に1枚から製作。壁掛け、直貼りなど壁面を有効利用できます。  

ホワイトボードプラザ トップページへ 壁掛け 脚付き 屋外用 ホワイトボードシート
黒板 看板サイン 付属品 付属品
 売れ筋ナンバー1大洋株式会社 商品についてのお問い合わせ
Tel:06-6768-0623(代)
Fax:06-6768-6336
webページwebページ

ホワイトボードプラザHOME壁に直接貼れるホワイトボードシート書き消し+ マグネットでメモ留め ≫ 専用両面テープ施工法 (施工手順と施工上の注意) (品番:RYO-1)

専用両面テープ施工法 (施工手順と施工上の注意) (品番:RYO-1)

専用両面テープ施工法とは

  • ビニール壁紙面、プラスタボード下地、木下地に専用両面テープを貼りその上から【マグネットがつくホワイトボードシート(FEW、FE-3WAY、)やマグネットがつく壁材(FEフレックスシート)】を貼り合わせる施工方法です。

  • 手軽に貼れるので小さな面積への施工に適しています

    コンクリート壁、漆喰壁、ブロック、レンガ面への施工は避けてください。
    壁面が湿気を含む為、施工後下地から湿気が出る場合があり、エアだまり(ふくれ)が発生したり、両面テープの接着力が落ちて商品が落下する危険があります。

 DIY!ご自分で貼れます

施工上のメリット

マグネットシート工法に比べ材料コストが安く付きます。

貼り合わせがしやすい、専用両面テープ RYO-1

施工面積が、1平方メートル程度迄の 【小さいスペースへの貼り合わせ】に限ります。

青い離けい紙(壁面に貼る)貼り合わせる)

片面 青い離けい紙(壁面に貼る)片面 白い離けい紙(ホワイトボードシートと貼り合わせる)

 

両面テープにドット(凹凸)があります。
スキージやローラーを使って貼り合わせるときに、凹部よりエアーが抜けて、キレイに貼り合わせることができます。
   片面 青い離けい紙(壁面に貼る)
   片面 白い離けい紙
    (ホワイトボードシートと貼り合わせる)

 

品番 サイズ(巾x長さ) 販売価格(税抜)
RYO-1 326x1020mm 1枚650円

※上に貼るホワイトボードシート全面を接着しますので、ホワイトボードシートと、両面テープは同じサイズをご購入ください。
※1枚単位で販売しております。
※商品金額10,000円以上(税抜き)の場合、送料は当社が負担いたします。

両面テープ使用枚数の目安

 【ホワイトボードシート1020ミリ巾x1mを貼る場合】

 当ページでの 専用両面テープRYO-1(326x1020mm/枚) が 4 枚で貼り合わせ可能です。

 両面テープが重ならないように間隔を少し開けて 必ず施工面全面に貼ってください。

 隙間をあけて貼ると、貼り合わせていない箇所に浮きが発生します。


   【両面テープで貼ることのできる大きさについて】

   生地巾 x 長さ 1メートル以内のサイズ。

   これ以上大きくなるとエア抜きがむずかしくなり、施工後のエアだまり(ふくれ)が
   発生しやすくなります。

   大きなサイズは施工しやすいマグネットシート工法で施工してください。
 

  

専用両面テープ(品番RYO-1)326×1020mm】
お問い合わせ・資料請求はこちら

お見積もり

注文書ダウンロード


1平方メートル程度迄の小さな面への専用両面テープでの施工手順

専用両面テープ

STEP1 STEP2 STEP3
板面の汚れを拭き取り、乾燥させる。 貼り付けたい場所にマーキングする(位置決め) 青い離けい紙をゆっくりはがし、壁面に貼り合わせる。上からスキージやローラーで十分にエア抜きをする。)
板面の汚れを拭き取り、乾燥させる 貼り付けたい場所にマーキングする(位置決め) 位置決め線にそって専用両面テープ(RYO-1)を貼る。
(青い離けい紙をゆっくりはがし、壁面に貼り合わせる。上からスキージやローラーで十分にエア抜きをする。)

STEP4 STEP5
専用両面テープ(RYO-1)の白い離けい紙をゆっくりはがして、 マグネットがつくホワイトボードシートを貼り合わせる 仕上がり
専用両面テープ(RYO-1)の白い離
けい紙をゆっくりはがして、上から
マグネットがつくホワイトボードシ
ートを貼り合わせる。

ローラーやスキージで
十分にエア抜きをする
仕上がり
※詳細は下記施工上の注意をご覧ください。

貼りは、たて貼りで。横貼りは不可です。

ホワイトボードシートと両面テープは全面が接着するように同じサイズで施工してください。

施工上の注意

1:貼る面の油汚れ、ほこりなどを中性洗剤などで十分に拭き取り乾燥させてください。

2:専用両面テープ(RYO-1)を貼るときは、まずRYO-1の青い離けい紙面を1?3cm位折り曲げた後、
  位置を決め線にそって位置合わせをしてください。(位置合わせをすることでまっすぐに貼れます。)

取り付け1

 

3:次に青い離けい紙をゆっくりとはがしながら上からローラーやスキージで十分にエア抜きをして 
 下地に貼り付けていってください。

  ・専用両面テープ(RYO-1)を並べて貼る際は、少し間隔をあけてください。間隔が詰まりすぎるとテープ同志が重なってしまいます。
  ・専用両面テープ表面が凹凸になっている為、凹部よりエアーが抜けやすくなっています。

取り付け3

・片面を貼り終えた後は下地と両面テープが十分にくっつくまでしばらく時間をあけてください。

取り付け3

 

4:次に RYO-1の白い離けい紙面と、マグネットがつくホワイトボードシート(FEW、FE-3way)を貼り合わせていきます。
まず、白い離けい紙面を上端より1?3cmはがして折り曲げて下さい。 

取り付け4

 

5:専用両面テープとホワイトボードシートの上端がぴったり合うようにはみ出さないよう位置合わせをしてください。 ※位置合わせを失敗すると、まっすぐ貼れなくなるので、慎重に行ってください。
 
 ホワイトボードシートのサイズが大きい場合には、大きく巻いて2人以上で位置合わせをしてください。

取り付け5

 ・最後に、白い離けい紙をゆっくりとはがしながらホワイトボードシートをたて貼りで貼り合わせていってください。

 ・施工面積が1平方メートルに近くなると一人では貼りにくくなります。その場合は、貼る人と離けい紙を剥がすなど補助をする人に分かれ2人以上で貼り合わせてください

 ・ローラーやスキージで、十分にエア抜きをしてください。


 

 

 ・貼り合わせのときに、ホワイトボードシートに折れジワやへこみキズがつくと元に戻らないので、注意して貼り合わせて下さい。

 ・ホワイトボードシート端部を貼り合わせる際、表面の硬質のフィルムの切り口で手を切る危険がありますので十分に注意してください。

 ・一度貼り付けてしまうと再剥離が出来ませんのでご注意下さい。

 ・マグネットがつく壁材(FEフレックスシート)も同様に施工してください。

 

※万が一材質に起因する不具合が生じた場合、またはご購入時の製品の不具合に関しては材料のお取替えのみとさせていただきます。
人件費、施工費等のクレームに関しては負いかねますのであらかじめご了承下さい。

貼り合わせがしやすい、専用両面テープ RYO-1ネットショップ 大洋株式会社 お問い合わせ・資料請求はこちら

お見積もり

注文書ダウンロード

施工方法
1:マグネットシート工法
オススメはマグネットシート工法で小さな面積から大きな面積まで楽々すいすい貼れます

下地に専用マグネットシートを貼り、マグネットシートの 吸着力を利用して貼るので、簡単で 万が一失敗しても 貼り直しができます。
2:ボンド施工法
大きい面積はボンドで貼る施工法
3:専用両面テープ施工法
比較的小さな面積を貼る専用両面テープ


▲ページの先頭へ戻る

Copyright Taiyo.co.,ltd., all rights reserved.